特別セッション

第27回鉄道技術・政策連合シンポジウム(J-RAIL2020)特別企画
 「鉄道メンテナンスの課題と将来に向け求められる大転換」

開催日時:2020年12月16日(水)13:00~16:30(予定)
開催方法:土木学会YouTubeチャンネルからLive配信
参加申込:土木学会本部行事参加申込ページからお申込みください
※一般のセッション(有料)と申込欄が別になりますのでご注意ください(特別セッションの行事コードは「4020021」です.
参加費用:無料


I.講演セッション「鉄道メンテナンス技術の最先端」 13:00~14:30

1)特別講演(15分)
 演題:「日本の鉄道に求められる「俯瞰的総合力」」
 講師:第108代土木学会会長,政策研究大学院大学教授,東京大学名誉教授
     家田 仁 氏

2)基調講演(20分×3名+10分の総合質疑)
 演題:「全国鉄道インフラの健康診断」 ※事前録画での配信
 講師:鉄建建設代表取締役会長,第107代土木学会会長
     林 康雄 氏

 演題:「青函トンネル新幹線高速化の悩みと確認車の改良」
 講師:北海道旅客鉄道常務取締役総合企画本部長
     渡利 千春 氏

 演題:「コンクリート構造物のひびわれの遠距離リモート測定の先端技術」
 講師:クモノスコーポレーション社長
     中庭 和秀 氏

II.パネルディスカッション「課題はここにある!」 15:00~16:30

 コーディネータ
  国土交通省大臣官房技術審議官(省鉄道局)   江口 秀二 氏
 パネリスト
  東日本旅客鉄道常務執行役員          伊勢 勝巳 氏
  成蹊大学経済学部教授             井出 多加子 氏
  東急電鉄鉄道事業本部車両部統括部長      瀬谷 明彦 氏
  東京地下鉄取締役               中澤 英樹 氏
  わたらせ渓谷鉄道技術部長           中野 哲 氏
  東北大学大学院教授,土木学会メンテナンス総合委員会副委員長
                         久田 真 氏